update誤の技法DOORSうちのおすすめfrm D&R‘s mummymyART
 てのなか番外篇
【コト】no/01 Nan Goldinのスライド・ショー

「オンナの一生」

98/4/11


「こども」だった。なつかしい「家」。たしかに。
  いつしか背伸びをしていた。
背伸びの先に見えたもの。 自由。 手に届くもの。
なんでも。 やりたいことは、山ほどあった。 いろんなこと、おぼえた。
いろいろ知った。 「赤いハイヒール」。 やつらの視線。 
出会い。 時間の密度、今まで知らなかったほどの。 静かな空間。
傷つけたけど。 傷ついたけど。 煙草をくゆらす、背中をみてた。
あたらしくなりたかった。 額縁の中の、安っぽい朝日のような。
自分じゃない「だれか」。 鏡のなかの「わたし」。
つつみこまれるここちよさ。 ほんとうの。 これが。 ここに。
すてきな仲間。 だいじなひとたち。 「家族」。 笑えるようになった。
今の、わたし。 まっすぐにみる、自分。 わたし。 スバラシキ今日。

 

下手な「朝の連ドラ」より、おんなの人生語ってると思う。
ぐっとくる。自らのポートレイト写真(こどもの写真、数点はモデルによる撮影)をスライドにまとめた、この作品。
一枚一枚の写真の「力」はもちろんだが、それらが「重なりあった」時、そこに「時間」がうまれて、
すっかり彼女の世界に引きずり込まれる。

6分少々の感動大巨編。

あなたも、引きずり込まれてみませんか。

 

La collection Yvon Lambert 〜Dialogue avec des artistes contemporains
at YOKOHAMA MUSEUM OF ART 1998 4.11sat〜 6.21sun
BACK>>「うちのおすすめ」index 
▲ page top